高回転時のエンジンへの負担

レースを楽しむ方には特に知っておいてほしい内容

6000回転以上の高回転での話になりますが
アクセル全開時とアクセル全閉(OFF)時
例えばピストンピンに掛かる負担ですが
どちらが大きいか考えた事ございますでしょうか?

答えは全閉(OFF)時のが大きいのです。

詳しい解説は
自分はただの整備士の為、能力的に無理なので
この記事の最後に頭の良い方が書いたと思われる
関連記事をリンクしておきます。


ただ自分がサーキット走行を楽しむ1人の人間として考えてきた事として
サーキット走行時のエンジンブレーキは良い事無しと判断してきたことが
さらに確実な考えとなりました。
これは個人的な考えなのでサーキットをどう走ろうがその方の勝手といえば
勝手なのであくまでもSVメンバー向けの記事と考えて下さいm(__)m


アクセルOFF時のオーバーレブはピストンピンに掛かる荷重が
2トン超えるようなケースがあるようですよ
きっとピストンピンやコンロットメタル苦しんでますよね

ちなみにアクセル全開時は燃焼圧力が掛かるためピストンの慣性荷重が減るので
ピストンピンに掛かる負担は減少します。
この状態でも慣性荷重が半分になる程度なのでいかに慣性のちからが大きいかを
想像してしまいます。




最後に
SVメンバーの方には普段から口うるさく言っているあの乗り方を
今後は必ず実行願います。
今までは単純にタイムを上げて頂きたい目的で伝えてきた事ですが、
エンジンの負担まで減らせることが判れば実行せざるえないでしょw

今回の記事の内容だけから判断しても
速い人は壊さないと言われている所以に結びつくんですね


最近の自分は口だけ番長の傾向があるので
早く実行して走りを見せないといけないですけどね
分ってますよ~








あっ!
MINIのエンジンを高回転まで回したくなくなる良い記事はコチラです。


スポンサーサイト



プロフィール

プリンミニ

Author:プリンミニ
埼玉県三郷市にお店を構えます
MINI専門店でございます。
MINIのメンテナンスを中心に
行っております。
面倒な作業が大好きなMINI乗り
店主がお出迎えいたしますw
どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

◆営業カレンダー◆
月別アーカイブ
カテゴリ
USED MINI
Mk1スタイルフルコン7PortMINI
画像の説明文
SVお勧め商品
■SFR(フューエルレギュレーター)

■1.3I加工インマニ

■1.3Iリビルトマニ

↓ハイフローインジェクターボディー↓ 画像の説明文

↓コメテックガスケット↓ コメテックガスケット

商品(中古&新品)
■中古パーツ

■中古車

イベント情報

主にサーキットイベントの紹介になります。
詳細はコチラ

リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
お問い合わせ