バルブネタ第2弾

バルブサージングが過去に起きていたかの
判断基準の1つをご紹介



↑このようなバルブトップの摩耗が上げられます。

これはバルブサージンングの中でもオーバーレブによる
ストレス痕とみなしています。

エキゾーストバルブ側で発生するスティック現象によるサージング
の場合、またちょっと違う摩耗をする傾向があるように思います。

オーバーレブの場合エキゾーストよりインテークバルブ側で
サージングを起こす傾向があります。
これはおそらくエキゾーストバルブよりもインテークバルブの方が
サイズが大きい分重たいからだと思います。


チューニングヘッドを組み立てる際バルブスプリングの選択も重要ですが
バルブスプリングのセット荷重をインンテークとエキゾーストで
少し変えて仕上げるような工夫?なんかをしてあげても良いかも
しれませんよ

実際SVではスプリングセット圧だけにとどまらず
トップキャップをインテーク側のみ軽量で組んだりしてしています。



スポンサーサイト



プロフィール

プリンミニ

Author:プリンミニ
埼玉県三郷市にお店を構えます
MINI専門店でございます。
MINIのメンテナンスを中心に
行っております。
面倒な作業が大好きなMINI乗り
店主がお出迎えいたしますw
どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

◆営業カレンダー◆
月別アーカイブ
カテゴリ
USED MINI
Mk1スタイルフルコン7PortMINI
画像の説明文
SVお勧め商品
■SFR(フューエルレギュレーター)

■1.3I加工インマニ

■1.3Iリビルトマニ

↓ハイフローインジェクターボディー↓ 画像の説明文

↓コメテックガスケット↓ コメテックガスケット

商品(中古&新品)
■中古パーツ

■中古車

イベント情報

主にサーキットイベントの紹介になります。
詳細はコチラ

リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
お問い合わせ